抜毛、薄毛、白髪の悩みを解決するコツ

春夏のヘアケアが大事

春夏は、紫外線やエアコンの影響を受けやすい時期です。
この時期は、髪の毛に大きなダメージを受けるので、
「春夏のケアが髪の寿命を決定する!」といっても過言ではないのです。

 

汗や皮脂が頭皮にたまりやすくなり、紫外線が強くなる春から夏にかけては、
髪の毛がダメージを受けやすい時期となります。
特に、紫外線とエアコンによる乾燥は、髪の大敵です。
紫外線は水と一緒になると、より強い影響を与えますから、
夏場のプールや海辺などで
髪の毛が濡れたまま紫外線を浴びないように注意しなければなりません。

 

日常生活の中でも、紫外線はあちこちで降り注いでいますから、
外出するときには帽子を被ったり、髪の毛はまとめるようにするなどし、
なるべく紫外線を浴びる面積を小さくする工夫をすることが必要です。

 

また、髪の毛のキューティクルにも気を使うことが必要です。

 

キューティクルは、外部の刺激から髪の毛の内部を守っています。
髪の毛の表面にうろこ状に重なっているキューティクルは、
エアコンが効いた部屋はとても乾燥するので、
髪の毛の水分がどんどん失われ、剥がれやすくなります。

 

摩擦や熱、紫外線などの影響を受けると傷つきやすく、
一度傷ついたり剥がれたりすると修復ができません。
健康な髪の寿命は4〜6年ですが、
キューティクルが剥がれると、枝毛や切れ毛の原因になりますし、
寿命が短くなったり、抜け毛などのトラブルを招く場合もあります。

 

キューティクルは、紫外線やエアコンによる乾燥だけでなく、
乱暴なシャンプーや無理なブラッシング、ドライヤーの熱、
パーマ、ヘアカラーなどの薬液による影響も受けやすいデリケートなものです。

 

健康で美しい髪の毛を保つためには、
地肌をみずみずしく保つことが大切で、しっかり保湿することも大切です。

 

つまり、髪の毛と頭皮をきれいに洗って清潔を保ち、
髪の毛に水分と油分を補い、毛根の新陳代謝を高めることで、
頭皮の健康を保つことができます。

 

髪の毛を洗う時にはしっかり泡立てて、
頭皮を指の腹でマッサージするように洗います。
しっかりと優しく頭皮を洗い、皮脂やアカ、ホコリなどを取り除きます。

 

皮脂やアカ、ホコリなどが頭皮に残っていると、
それらが頭皮の毛穴をつまらせ、髪の毛の成長を妨ゲルなどします。

 

毎日、その日の汚れはその日に落とすというのが鉄則です。

 

頭皮を指の腹でマッサージしてしっかり洗えば、
頭皮の血行促進効果も期待することができるでしょう。

 

また、髪の毛は、水分を吸収して膨らんでいる状態でドライヤーをかけると、
髪の毛を傷めてしまう原因になります。
ドライヤーをかける前に、タオルでなるべく水分を摂っておくことが必要です。

 

髪の毛が乾燥して、キューティクルが剥がれ、紫外線の影響受けたり、
抜け毛や薄毛の原因を作ったりしないようにするためには、
しっかりとした仕上がりのシャンプーやリンスなどを選び、
トリートメントを使って髪を保湿しましょう。
さらに、髪の表面も保護するためのクリームやコート剤を使っても良いですね。
いずれにしても頭皮に負担のない物を選ぶことが大切です。