抜毛、薄毛、白髪の悩みを解決するコツ

和食中心の食事で抜け毛・薄毛予防

昔は、欧米人に比べて日本人にはハゲが少ないといわれていました。
ですが、最近は欧米人と同じくらい、薄毛や抜け毛の悩みを持つ人が多くいます。
それは、日本人の食生活が欧米化してきたからではないかと考えられてます。

 

戦後、私たち日本人の食生活は、欧米の影響を強く受けるようになりました。
ハンバーガーなどのファーストフードや、脂をたっぷり使った料理、
クッキーやチョコレートなどのお菓子など、どの家庭にも溶け込んでいます。

 

野菜や魚中心の和食を食べていた頃に比べると、
欧米流の食事はカロリーが高く、脂分が多いので、
様々なトラブルが起きてくるようです。

 

薄毛や抜け毛の原因は、髪そのものであることは少なく、
殆どが頭皮環境です。
頭皮が、髪の毛が抜けやすく、育たない環境になっているのです。

 

脂分の多い食生活は、皮脂腺を広げ、それに伴い毛穴も大きくなります。
大きな毛穴からも髪の毛は生えますが、しっかりと根が張らず抜けやすかったり、
皮脂が多くて髪の毛に栄養が行き渡らず細い髪の毛しか生えてきません。
しかも、脂性の頭皮は、細菌がつきやすく頭皮トラブルを起こしやすくなり、
せっかく生えた髪の毛も抜けてしまうのです。

 

このようなことから、薄毛の進行を食い止めるために、
食生活を、昔の日本流、つまり和食に切り替えていくことが有効だと考えられます。

 

では、具体的にどのようなものを食べていくと良いのか?ですが、
昔から、髪の毛のためには、黒いものを食べるとよいといわれています。
例えば、ひじきや昆布、わかめなどです。

 

この黒い食べ物を食べることは、確かに髪の毛の育成に必要ですし、
最近の日本人に、黒い食べ物が不足していることは確かです。

 

しかし、黒い食べ物をひたすら食べていれば、
髪の毛がフサフサ生えてくるというわけでは決してありません。

 

どの栄養素もバランスよく摂取できるように、
毎日の献立を考えていくことが必要です。

 

最近の日本人に不足しがちな栄養素は色々ありますが、
例えば「亜鉛」の不足による味覚障害の人が増えています。
亜鉛も、髪の毛の育毛に関係する栄養素ですが、健康にも様々な影響を与えます。

 

亜鉛は、貝類やナッツ、小豆や黒豆などに含まれるミネラルです。
新しい細胞を作ったり、傷を早く治す働きを助けるなどの働きを担います。

 

このような大事な栄養素である亜鉛が不足すると、
味覚障害になり、他の人が食べると驚くような味付けのものを食べているというようなことが起こります。

 

亜鉛について例を挙げてみましたが、偏食によって栄養不足が起こると
健康そのものにも悪影響ですが、髪の毛にも悪影響が出ます。

 

健康な髪の毛を維持するためには、バランスの良い食生活を送ること、
肉やファーストフードをなるべく控えること、
魚、野菜、貝類、豆、海藻類など、不足してしまいがちな食材を積極的に摂ること、
季節の食材を取り入れた献立を考えることなどが大切です。

 

髪の毛の薄毛や抜け毛の問題は、遺伝的なこともあります。
特に遺伝的に薄毛体質を受け継いでいるのであれば、
一日も早い食生活の改善を心がけ、髪に栄養を与えていくことが必要です。